スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

私の好きな歌

こんにちは、Yemanjaさん。


Yemanja-noteを拝見いたしました。 貴女がマイケルのファンだとは知りませんでした。 彼が亡くなってまことに残念なことですね。


私は全然彼を知りません。 歌を聴いたこともありません・・・もちろん偶然にどこからか流れてくるものを除きますが。


*****


これではお手紙の書きようがないので、私の好きな音楽について述べましょう。


私が好きなのは、どちらかというと、普通の人タイプの歌手ですねー。
(こういう書き方をして、御免なさい。)

コンサートで、やたらと怒鳴りまくらず、派手にアクションしまくらず、『世界はひとつ!!』などと叫ばないフツーの人。

ちゃんとフツーの髪型と服装で、きちんとネクタイを締めて、素直な身振りで唄うひと。

そういう人のなかには《アセンション》が実現していると思うのですよ。

つまり、外に向かって《平和を叫ぶ》より、まず静かに、《自らのなかに、アセンションを実現》している人が好きですね。 これは、やらせじゃないんですよ。

ネクタイは社会の規制を表すものではありません。 わたしは、オネスト・サムです・・・つまり、《私は正直もんです》、ということを、ネクタイは現すのです。 (むろん、これは俺の個人的見解)



そういうことで、、、たとえば以下の、アンディ・ウイリアムズですな。





(わたしが、自分流にアレンジしたものを、よくピアノで弾いていたのを憶えてますか? ちょっと、ド派手ピアノだったかな、と反省もしてますが。)



日本人なら、そうだなー、加山雄三なんか良いですね。

ちゃーんと女好きで、しかも、めちゃくちゃもてるのに、奥さん一人だけ大切にして。
しかも親孝行だった。



そして、純粋の音楽と言えば、まず、《楽聖・ベートーベン》の ピアノソナタ《熱情》です。
別に綺麗な曲でもありません。 ムードのあるもんでもないです。 

しかし、、「あ~っ、これが芸術!!!」と、嘆息する以外ありません。

女性の仲道郁代さんが演奏なされると、なんかものすごく味わい深くて素敵です~♪

(残念ながら、Youtubeの貼り付けが、仲道さんのリクエストによりできません。)


私の十八番は、もちろん、《エリーゼのために》です。 秘かに、ベートーベンはロマンチストでした。

昔、ピアノ教室の発表会で、私がこれを弾いた時、先生方が絶賛し、次の生徒さんたちが「このあとは、もう、弾きたくないです!!」と言ってたのを、思い出します。 

( もちろん、その場を盛り上げるためのお世辞です。)


よろしく、 CosmicDancer。.


*****

書きすぎたかも知れんわ。
ごめんな。

しかし、ありがとう。
君のおかげで、書かさせて頂いたんだとおもうで。

ゆるしてください、、、感謝やー。
スポンサーサイト

theme : 心に沁みる曲
genre : 音楽

line

comment

Secret

line
line

line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QRコード
line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。